承認より家族より何よりも自分の「人命第一」

医療介護福祉人の幸せを誰よりも追求する

看護師のまりん@です。

自己犠牲を払い、とにかく人のためにと

働きすぎる医療介護福祉人のために

「幸せを選んでいきませんか?」と言う目的で

ブログを書いています。

今回の記事の大事なポイントは1つ。

【逃げてもいい。まずは人命第一】

と言うことを説明していきますね。

逃げるは恥だが役に立つ」はハンガリーのことわざで、「自分の戦う場所を選べ」ということを意味しています。 今いる環境にしがみつくのではなく、逃げることも選択肢にいれ、自分の得意なことが発揮できる場所に行こうというもの。

医療介護福祉系の仕事をしていると

必ずや求められる

「人のために何が出来るのか?」

「そのために、自分がどのように行動していくのか?」

と、言うことです。

上記の様なことは、職場の研修などで必ず言われることでしょう。

もちろん、大事なことですが

度を越した業務を求められているのも現実です。

過労死した同僚も、忙し過ぎて自ら命を絶った同僚も

激務と不規則な生活の繰り返しで、病気だらけになった人も・・・・

(私も、病気祭りになった一人で、今も治療しながら仕事している現状です)

しかし、よくよく考えると・・・・

私たちも、生きた人間。

であるので、限界だってあるわけです。

こんなに、命や自分の心身を削りまくる必要は

本来ならば無いはずです。

そこで、大事だと思うことは、下記の通りで

◆本当に優先すべき4つの項目

  • まずは自分の「人命第一」
  • 人助けも社会貢献も、家族のためも「命あってナンボ」です。
  • 過剰に動かなくてはいけない の「呪い」を自覚する
  • 最終的には【逃げよう】その後の事は、命を守ってから。

ですので、命に係わるレベルの労働や

精神的にも肉体的にも、崩壊寸前のあなた・・・・

まずは、職場から離れましょう。

今は便利な世の中です。

退職代行などの手段もあります。

賛否両論もあるかもしれません。

でも、我慢して継続しても命を落としてしまっては意味がないことですよね。

思い切って、前に進む貴方を応援いたします!

広告

労働力を『搾取されて賄ってる』と言う現実:医療介護人

こんにちは。

現役看護師@まりんです。

看護師、介護士、医師の

本当の幸せを日々追及しています。

世の中、働き方改革を唄った政治の変化も有るようですが

私達、医療介護人に喜ばしい話は、なかなか有りません。

↑ ↑ ↑

ですよね。

さて、本題です。

私達、医療介護人が搾取されてるとは、どういう事か?

特徴は5つ有り

この点が、解決消化しなければ、この【搾取される】日々は変化なしです。


  1. 私達、医療介護人は経営者に【搾取】されて全てが回ってる。
  2. 経営者労働1割、雇われ職員9割
  3. 医療介護人は人に優しく共感力が高いが、主体性が薄く、独裁者に弱い
  4. 医療介護人が【アダルトチルドレン体質】の人が多い。
  5. 医療介護人が【働く事で承認要求】を満たしてる。

上記に上がっている『アダルトチルドレン体質』ですが

主な特徴は6つ。

  1. 自分の考えや行動が「これでいい」との確信が持てない
  2. 本当のことをいったほうが楽なときでも嘘をつく
  3. 自分を容赦なく批判する
  4. まじめすぎる
  5. 常に、他人からの肯定や受け入れを求めている
  6. 常に責任をとりすぎる
  7. 過剰に忠実である


と、経営者側からすると、支配しやすく搾取しやすい【特徴】を、沢山持った人が、医療介護人には多いのです。

ですので

『患者さん(利用者さん)のために』

『社長のために、院長のために、オーナーのために』

頑張れば認められるし、皆が幸せになると、信じています。

しかし、残念ですが

この素敵な意識は、経営者にからすれば【好都合】なのです。

切ないですよね。

しかし、希望は捨てないで欲しいです。

こんな経営者ばかりではないし、自分が切り開く事も出来ます。

他人に左右されず

本当の医療介護人の幸せを

形にすることが出来ます。

その点、また次にお話させて頂きますね。

食事の時間も削るのに評価されない?

食事時間を削ってでも業務にあたり、時間を最大に使っても・・・???

こんにちは。現役看護師のまりん@です。

私たち、医療人介護人福祉業者は

日々、時間に追われています。

食事中でもナースコールが鳴り、センサーマットが鳴り

気が付くと帰宅願望の強いお怒りの患者さん利用者さんが

ナースステーションに来たり

ご面会のご家族に呼ばれたりと・・・

走り回る日々で有ります。

私もですが、大体の同僚が

みんな早食い癖が付いています。

ごはんぐらいゆっくり・・・ということは

なかなかかなわない現場でもあります。

でも、私たちも人間です。

と、いうのが現実です。

業務改善、如何してできないの?

  • ごはんぐらいゆっくり食べさせて・・・
  • 患者さんや利用者さんに熱中症対策で水分取れと言っておきながら、私たちが取れないよ・・

と、いう声は上がっているのに、そこが完全出来ていないのは

そもそも、この業界のモットーが

自己犠牲を払ってまで人に尽くす が 前提だから。

ですので、5Sや業務改善委員会を作ったり、社外コンサルとか雇ったり

上の人が研修行ったとしても変化に乏しいのだと思います。

そしてその結果

仕事に人間関係に疲れ果てて

「もう仕事したくない」「ほかに楽な職場有るかな?」と

仕事にやる気をなくし、希望も持てなくなるのかもしれませんし

並行して、体を壊す人も、少なくありません。

私も、労働意欲と健康は

相当削られ、病気がちな体に仕上がりました(笑)

病気の治療、健康保持増進、利用者様の健康管理や生活援助を主に行う私たちが

こんなにボロボロでも、それでも酷使搾取する人々はいますよね。

この現実を、この20数年、感じてきました。

結局、病院も介護福祉施設も

そうやって酷使搾取する、ボスがいるのは間違いなく

そこを私たちが「乗り越えて」行かないと

現状は変わらないのですよね・・・・・

さて、如何していきましょう?

また、考察していきますね。

『奉仕の精神が有れば何でも出来るよね?』の呪いを解こう!

ナイチンゲールは自分の時間や財産を投げうってまで、全てに尽くせとは一言も申していませんよ?

医療・福祉・介護の人々は、この仕事に着いた頃から

『奉仕の精神で全てを賄え』と、先輩方から教えを貰います。

患者さん(利用者、入居者)のため
家族のため
社会のため

とにかく、100%努力をして向かっていきましょうと。

確かに、その様な姿勢は大事だけど

問題なのは

【度を越えた要求をされること】


【相手の欲求に、度を越えて応じようとすること】

【ブラックな環境にいても、マヒしてしまうこと】

だったりします。

職場の先輩や、関連の業者さんから
過剰な対応強いられたりしませんか?

例えば

『休みの日でも、出勤して●●して』

とか

『自分の車や自転車など出させて、ガソリン代やメンテナンス代は職場は持ってくれない』

とか

『夜中に呼び出しされても、賃金やその分の休暇』を与えない

とか

『あなたたちは、奉仕の精神で生きるべきだから●●しなさいよ』と、強要されたり

など

そして、断ると

『奉仕の精神で飯くってるくせに、その奉仕の精神は嘘で偽善なの?』

など、酷いことを言われることも在ります。

明らかに、オーバーワークだし
【こちらが無条件に、何でもやる】テイで、話を進められたりと・・・

振り替えると、結構
そんな場面に遭遇してます。

どうして、こんな境遇に陥るのか?
頑張ってて、あたりまえ?
奉仕の精神であたりまえ?

実は

医療福祉介護人は
奉仕の精神であたりまえと言うのは

【第3者の、都合のよい刷り込み】
【何でも美談にしたがる風潮】から来ている

私達が、実はボロボロに使い捨てられる【呪いの言葉】だったりします。

さらに次の記事にて、詳しく掘り下げていきますね。

はじめまして。

はじめまして。

まりん@と申します。

  • このサイトを作ったきっかけをお話します。

現役看護師で20年あまり勤務してきましたが

あまりにも『幸せが掴みにくい感じにくい』体質になりがちな

医療福祉介護人の特徴にフォーカスし

本気で幸せのための【何か】が出来るために行動しようと

このサイトを作りました。

医療関係だから

介護のお仕事だから

福祉に関わってるから・・・と

搾取されたり、利用されたり、過度に期待されたりすることが

本当に多い職種です。

しかも、倫理と患者さんや利用者さまに向き合ってる人ほど

その沼にハマりがちです。

いつのまにか私達に刷り込まれた

医療介護福祉人は

24時間奉仕の精神で行動しなければいけない

と言う事から、一旦離れて

自分たちも患者さま利用者さま、そして、ご家族や関係者様が

本当の意味の幸せな選択が出来るようになりたいと考えてます。

Twitterもチェックお願い致します!

nswork (@nsworkhappy)さんをチェックしよう https://twitter.com/nsworkhappy?s=09

https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js